バルトレックスの疑問

バルトレックスの疑問

バルトレックスを海外から輸入して皆さんに売却している企業があります。
これによって多く人が助かり、しかも本来ならば常備できないはずのバルトレックスを常備して再発に備えていたりもします。

これは本当に助かることですよね。

けれども、とここで疑問を投げる人がいるのも事実です。

その理由は本当は薬事法によって素人は売却してはならないと定められているにも拘らず、一企業がバルトレックスなどを販売していいのだろうかと言う物だと思います。

確かに薬事法によって医者以外は医薬品は取り扱ってはならないこととされておりますので、本来ならばそういった行為は許されるものではありません。

けれどもあくまでも薬事法は日本国内の薬と言う物に限定しておりますので、海外からの医薬品はその限りではないというのが現状なのです。

したがってこういった企業は海外から医薬品を取り寄せておりますので薬事法には触れないのです。

まさに正規ルートの商品なのです。

バルトレックスが普及する前

みなさんは複雑な病気に掛かってバルトレックスを使用している方はいらっしゃるでしょうか。

あるいは過去使用したことのある方でも結構です。

その時の服用数は一体どれぐらいだったのか覚えている方はいられるでしょうか。

だいたいどれぐらい一日飲んでいましたか。

恐らく大半の方が一日三回ほど服用したと思われます。

現在バルトレックスはよほど特殊な例がない限りは三回ほど服役するようになっているでしょう。

昔人は似たような症状にかかるとゾビラックスという薬を服用していたのですけれどもこのときの服用量は相当大きなものでした。

何故ならその前に使用されていたゾビラックスという薬品はバルトレックスとほとんど構造は同じな物の、肝臓であっという間に分解されてしまうため、

バルトレックスを買う

体にたくさん投入しなければならず、その分量もお金もかかる代物だったのです。

後に出来た同様の薬品は肝臓であまり分解されないため、すぐに病状に効くのです。

そのため数も少なくて済むようになりました。